産経WEST

旧郵便局舎はレストラン 瀬戸内の島、1組貸し切りイタリアン 9月オープン 岡山・頭島

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


旧郵便局舎はレストラン 瀬戸内の島、1組貸し切りイタリアン 9月オープン 岡山・頭島

郵便局だった建物を改装した「頭島レストラン」=岡山県備前市 郵便局だった建物を改装した「頭島レストラン」=岡山県備前市

 「備前?日生大橋」の架橋で本土と陸続きとなった岡山県備前市沖の頭島(かしらじま)で9月12日、旧郵便局舎をリノベーションした1組貸し切り型の「頭島レストラン」が営業を開始する。

 同店は頭島港近くの傾斜地で、頭島郵便局として平成25年まで70年以上使用されていた建物を再利用。木造2階建て(店舗部分約50平方メートル)で、内外観とも壁などを塗り直すなどしてリフォームした。総事業費は約1500万円。

 運営はイタリア料理のシェフで、岡山市でレストラン経営の実績をもつ寺田真紀夫さん(40)が店舗を移転する形で担当。昼、夜のフルコース料理(1万円)のほか、昼は3000円、夜は6000円のメニューを設定。いずれも1組(2~6人)限定で完全予約制とする。

 島の活性化に向け、開店を計画した備前市の吉村武司市長は寺田さんに「食のアンバサダーとして、ここだけでしか味わえない料理を」と期待を寄せた。寺田さんは「島に渡ってくる時の高揚感とともに、日生の豊富な魚介類を使った料理をお楽しみいただければ」と、意欲を示した。

 昨年4月の備前?日生大橋の開通で、頭島は本土から車で約10分で移動が可能となり、新たな飲食店も徐々に増えている。

 問い合わせは同市まち営業課((電)0869・64・1832)。

?はハートマーク

このニュースの写真

  • 旧郵便局舎はレストラン 瀬戸内の島、1組貸し切りイタリアン 9月オープン 岡山・頭島

「産経WEST」のランキング