産経WEST

「力試し」で道路標識引き抜いた怪力男、京都府警に書類送検…力余って高瀬川に投げ入れる

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「力試し」で道路標識引き抜いた怪力男、京都府警に書類送検…力余って高瀬川に投げ入れる

標識が刺さっていた現場=24日午後、京都市中京区の繁華街・木屋町 標識が刺さっていた現場=24日午後、京都市中京区の繁華街・木屋町

 道路標識を引き抜き川に投げ入れたとして、京都府警中京署は24日、道交法違反(道路標識損壊)容疑で、京都市西京区の建設業の男(25)を書類送検した。同署によると、容疑を認め、「力試しでやった。思ったより重かった」などと供述している。

 書類送検容疑は、6月7日午前2時ごろ、京都市中京区の繁華街・木屋町の市道で、高さ4メートル、重さ約20キロの「進入禁止」と「一方通行」の道路標識を地面から素手で引き抜き、付近を流れる高瀬川に投げ入れたとしている。

 同署によると、標識はコンクリートの地面に、約50センチほど埋められ固定されていたというが、男は素手で揺するようにして引き抜き、重量挙げのように持ち上げ、そのまま高瀬川に投げ入れたという。

 男は直前まで友人ら数人と飲酒しており、帰宅途中、1人になった際に、「力試しでやった」という。目撃者の110番で発覚した。

【関連ニュース】動画あり)150kg、女性も90kgを…「餅上げ力奉納」京都・醍醐寺

【関連ニュース】高畑裕太容疑者逮捕…高島礼子“京都中央警察署”ドラマ再び注目 母の高畑淳子が元刑事役

「産経WEST」のランキング