産経WEST

【昭和クルマ列伝】「MR2」はスポーツカーにあらず? 逆転発想が生んだミッドシップ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【昭和クルマ列伝】
「MR2」はスポーツカーにあらず? 逆転発想が生んだミッドシップ

   

 1970年代のスーパーカーブームを知る世代にとって「ミッドシップ」は特別な意味を持つ。何しろフェラーリ、ランボルギーニ、ロータスなど憧れのスポーツカーが軒並み採用してきたエンジン駆動方式だからだ。車体の中央にエンジンを配置することで前後の重量配分が理想的となり、回頭性を高め、クイックなハンドリングが得られる。

 そんなミッドシップ方式を日本で初めて乗用車に採用したのが84年発売のトヨタ「MR2」だ。

 エッジの効いた2ドアクーペは低いフロントノーズ、空力を考えた巨大リアスポイラー、リトラクタブル(格納式)ヘッドライトを備えたスポーツカースタイル。2人乗りの車内はミニマムだが、ゴルフバッグが入る程度の独立したトランクがあり、しっかと実用性も確保していた。

 エンジンはAE86型「レビン/トレノ」と同じ1600ccのツインカム。高回転型で130馬力を発生した。

 だが、MR2は本格スポーツカーとして扱われなかった。トヨタは「スポーティーパーソナルカー」と呼び、車名のMR2も「ミッドシップ・ラナバウト2シーター」の頭文字をとった。一部のマニア向けでは販売台数が見込めないのと、オイルショック後で、スポーツカーへの風当たりが強いことに配慮した。

続きを読む

「産経WEST」のランキング