産経WEST

【銀幕裏の声】八幡空襲で「屠龍」はB29に体当たりし2機を撃墜した…“翼”を奪われた陸軍航空部隊の真実、エリート技術将校の証言(上)

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【銀幕裏の声】
八幡空襲で「屠龍」はB29に体当たりし2機を撃墜した…“翼”を奪われた陸軍航空部隊の真実、エリート技術将校の証言(上)

旧陸軍の二式複座戦闘機「屠龍」(梅田さん提供) 旧陸軍の二式複座戦闘機「屠龍」(梅田さん提供)

 71回目の終戦日を迎えた。戦後70年の節目となった昨年は第二次世界大戦を題材にした映画が相次いで公開されたが、今年はもの静かだ。戦後70年というが、捕虜などになり翌年、日本に帰還した兵士にとっては今年が戦後70年ではないか。実際、そんな元軍人は少なくない。旧陸軍の二式複座戦闘機「屠龍(とりゅう)」の部隊に所属した航空技術将校、梅田春雄さん(95)はその一人。陸軍航空士官学校で学び航空部隊に配属されたが、南洋の基地に着任し愕然とした。「部隊で飛べる屠龍が2機しかなかった。米軍の空襲で壊滅状態だったんです」。転戦する島を追うように米軍の攻撃は続き同僚の多くが戦死した。「もう自分しか語ることができないかもしれない…」。帰還から70回目の夏、梅田さんが“翼を奪われた”陸軍航空部隊の壮絶な戦史を語った。(戸津井康之)

戦闘機・爆撃機・偵察機・指揮機…多用途で期待された「屠龍」

 「屠龍は当時、陸軍で採用されたばかりの新型の複座戦闘機。大きな期待を担った機体でした」

 昭和16(1941)年、陸軍航空士官学校に入学、航空技術将校としての教育を受け、18年5月、陸軍少尉となり同9月、ニューギニアのウェワクの基地に転戦していた飛行第13戦隊第3中隊に配属された梅田さんはこう振り返る。同隊は屠龍の精鋭部隊だった。

ゼロ戦の陰だが、戦闘も爆撃も偵察も指揮も行う陸軍機…“日本一の精鋭部隊”が

 屠龍は南洋でも運用されたが、日本本土に配備された同機を有する防空部隊は、米軍爆撃機B29などを迎撃する“日本一の精鋭部隊”

このニュースの写真

  • 八幡空襲で「屠龍」はB29に体当たりし2機を撃墜した…“翼”を奪われた陸軍航空部隊の真実、エリート技術将校の証言(上)
  • 八幡空襲で「屠龍」はB29に体当たりし2機を撃墜した…“翼”を奪われた陸軍航空部隊の真実、エリート技術将校の証言(上)

「産経WEST」のランキング