産経WEST

【関西の議論】刑務所をホテルに、古都の仰天構想…現役最古「五大監獄」の1つ、保存と観光“一石二鳥”狙う

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
刑務所をホテルに、古都の仰天構想…現役最古「五大監獄」の1つ、保存と観光“一石二鳥”狙う

中央監視所から収容棟の出入口が見渡せる。上部には明かり取り窓も=奈良市 中央監視所から収容棟の出入口が見渡せる。上部には明かり取り窓も=奈良市

 明治に建てられた特徴的な赤レンガ建築で、現役最古の刑務所である奈良少年刑務所(奈良市)が今年度限りで廃止されることになり、歴史的な建物を生かした今後の活用法が議論されている。保存・活用にあたって民間事業者に運営権を移すことが決まっており、耐震改修を施した上で、ホテルや博物館として再生する案が浮上。特に奈良は観光地にもかかわらず宿泊施設が少ないため、ホテルへの転用を望む声は多いという。受刑者が職業訓練に取り組む理容室が一般開放されるなど「地域と共存してきた」施設として、地元では「活性化の拠点になれば」と期待。重厚な赤レンガの「監獄ホテル」が誕生すれば、話題性も抜群だが…。(山崎成葉)

国の威信かけた赤レンガ建築

 奈良県庁から約1キロ北の住宅街にある奈良少年刑務所。重厚なレンガ造りが明治時代からの歴史を伝える。ドーム屋根をもつアーチ型の表門や、庁舎から放射状に5つの収容棟がのびる構造が特徴的だ。

 明治政府が威信をかけ「近代化」をアピールするため旧司法省技官の山下啓次郎が設計、明治41(1908)年に「奈良監獄」として完成した。同時期には鹿児島や長崎、金沢、千葉でも監獄が建てられ、奈良を合わせ「五大監獄」といわれるが、当時の姿をとどめるのは奈良だけだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 刑務所をホテルに、古都の仰天構想…現役最古「五大監獄」の1つ、保存と観光“一石二鳥”狙う
  • 刑務所をホテルに、古都の仰天構想…現役最古「五大監獄」の1つ、保存と観光“一石二鳥”狙う
  • 刑務所をホテルに、古都の仰天構想…現役最古「五大監獄」の1つ、保存と観光“一石二鳥”狙う
  • 刑務所をホテルに、古都の仰天構想…現役最古「五大監獄」の1つ、保存と観光“一石二鳥”狙う
  • 刑務所をホテルに、古都の仰天構想…現役最古「五大監獄」の1つ、保存と観光“一石二鳥”狙う
  • 刑務所をホテルに、古都の仰天構想…現役最古「五大監獄」の1つ、保存と観光“一石二鳥”狙う
  • 刑務所をホテルに、古都の仰天構想…現役最古「五大監獄」の1つ、保存と観光“一石二鳥”狙う

「産経WEST」のランキング