産経WEST

【SMAP解散へ】「芸能界は怖いところ」関西のファンも驚き メンバー確執表面化に〝憶測〟も

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【SMAP解散へ】
「芸能界は怖いところ」関西のファンも驚き メンバー確執表面化に〝憶測〟も

「SMAP解散」を報じるスポーツ各紙(竹川禎一郎撮影) 「SMAP解散」を報じるスポーツ各紙(竹川禎一郎撮影)

 今年1月に分裂、解散危機騒動が表面化した国民的人気グループ「SMAP」が12月31日をもって解散すると正式に発表された14日、買い物客らでにぎわう大阪・ミナミの繁華街では、驚きの声とともに、「やっぱり解散か」という冷静な反応もみられた。

 木村拓哉さんのファンで、主演ドラマをよく見ていたという大阪市住之江区の主婦、野木樹理さん(28)は「小さいころから『テレビをつけるとSMAPがいる』という状態だったのでとてもショック」と驚きを隠せない様子。

 所属事務所などによると、メンバー5人は解散後も事務所に残り、ソロとして活動するというが、野木さんは「(解散したら)5人がそろった姿を見ることは、もうできないんでしょうね」と残念がった。

 大阪府泉佐野市のアルバイトの女性(21)は「ニュースには驚いた。でも、解散を決めたのはメンバーの本当の気持ちなんだろうか」とぽつり。解散危機騒動の際にグループ内の確執が明らかになったこともあり、「友人同士で『芸能界というのは怖いところ』と話し合っていた」と語った。

 一方、大阪市阿倍野区のパート従業員、志波美由樹さん(26)は「以前から(解散の)うわさはあったから『ああ、そうなんだ』という気持ち。結成もあるのだから解散もあると思う」と落ち着いた様子。

 堺市堺区の会社員、川原寿志さん(65)も解散危機騒動を挙げ、「あのことが尾を引いていたのだと思った」としながらも「解散が大きなニュースになるということは、それだけ彼らに実績があるということでしょう」と冷静に話した。

「産経WEST」のランキング