産経WEST

3年以内に線路保守メンテナンスを自動化 JR西・来島達夫社長

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


3年以内に線路保守メンテナンスを自動化 JR西・来島達夫社長

インタビューに答えるJR西日本の来島達夫社長=大阪市北区のJR西日本本社(南雲都撮影) インタビューに答えるJR西日本の来島達夫社長=大阪市北区のJR西日本本社(南雲都撮影)

 北陸新幹線の敦賀-新大阪延伸では複数のルートが検討されており、JR西は福井県小浜市、京都市を通るルートを発案。来島社長は「最終的には国が判断すること」とした上で「既存の線路上空よりもトンネル、地下を想定している」と話した。リニア中央新幹線計画に伴う新大阪駅の再開発については「名古屋以西の詳細ルートが決まっていないため、次の段階の話だ」とするにとどめた。

関連ニュース

豪華寝台「瑞風」 沿線の伝統工芸あしらう JR西

「産経WEST」のランキング