産経WEST

9日午前にも取水制限入り 早明浦ダム貯水率低下で

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


9日午前にも取水制限入り 早明浦ダム貯水率低下で

 四国地方整備局などでつくる吉野川水系水利用連絡協議会は8日、四国の水がめ、早明浦ダム(高知県)からの第1次取水制限について、このまま降雨が少ない状態が続けば9日午前9時に開始する方針を決めた。供給量の削減率は徳島用水が15・3%、香川用水が20・0%。日常生活に支障は出ない見込み。

 整備局によると、少雨により早明浦ダムの貯水率は毎日約2ポイント低下しており、8日午前0時で65・1%(平年値は80・3%)。取水制限入りの目安を貯水率60%程度としていた。

 整備局は当初、早ければ8日に取水制限に入るとしていたが、4日にダム付近で14・9ミリの雨が降ったため延期していた。

関連ニュース

立ち上る水煙、虹に歓声 黒部ダムで放水はじまる

「産経WEST」のランキング