産経WEST

巨大カルデラ 兵庫・赤穂に 阿蘇や姶良に匹敵、8200万年前に火山噴火 産総研

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


巨大カルデラ 兵庫・赤穂に 阿蘇や姶良に匹敵、8200万年前に火山噴火 産総研

地質調査の結果分かったカルデラの範囲。実線はカルデラの外縁が確実で、点線は推定(産総研 地質調査総合センター提供) 地質調査の結果分かったカルデラの範囲。実線はカルデラの外縁が確実で、点線は推定(産総研 地質調査総合センター提供)

 兵庫県南西部の赤穂市を中心とする地域は、恐竜が生息していた約8200万年前に火山が噴火してできた大規模なカルデラであることが地質調査の結果分かったと、産業技術総合研究所(茨城県つくば市)が大阪市内で8日記者会見し、明らかにした。

 カルデラは火山活動で形成された陥没地形で、産総研によると、今回の大きさは東西約21キロ、南北約16キロに及び、日本最大級の阿蘇(熊本県)や姶良(鹿児島県)に匹敵する。産総研は「地震に強い地盤の形成に役立っている。興味深い地質が残っており、観光などに活用できる可能性がある」と説明している。

 カルデラは箱根も有名。阿蘇は世界的に貴重な地形や地質が残る自然公園「世界ジオパーク」に認定されている。

 佐藤大介研究員は「西日本には白亜紀の火成岩類が広く分布している。今回の調査結果を鍵に、より広い地域の地質を明らかにしたい」と話した。

このニュースの写真

  • 巨大カルデラ 兵庫・赤穂に 阿蘇や姶良に匹敵、8200万年前に火山噴火 産総研
  • 巨大カルデラ 兵庫・赤穂に 阿蘇や姶良に匹敵、8200万年前に火山噴火 産総研

「産経WEST」のランキング