産経WEST

【関西の議論】世界遺産「落選」は当然 文化庁が激怒した羽曳野市の大失態…パートナーの堺市も大迷惑

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
世界遺産「落選」は当然 文化庁が激怒した羽曳野市の大失態…パートナーの堺市も大迷惑

世界文化遺産の国内候補に選ばれず、厳しい表情で報道陣の取材に応じる堺市の竹山修身市長(右から2人目)ら=堺市役所 世界文化遺産の国内候補に選ばれず、厳しい表情で報道陣の取材に応じる堺市の竹山修身市長(右から2人目)ら=堺市役所

 7月25日に開かれた国の文化審議会で、平成30年の世界文化遺産登録を目指す国内候補が「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」(長崎、熊本両県)に選ばれた。堺市などが猛プッシュしていた「百舌鳥(もず)・古市古墳群」は選から漏れた。実は、直前に羽曳野市が文化庁に無断で国史跡の土地に砕石を敷きつめる工事を行う騒ぎを起こしていた。同市は「認識が甘かった」と釈明したが、文化庁などは「きちんと勉強してほしい」と怒り心頭。関係者の間では「これだけ自治体間の温度差があれば、選ばれなかったのも当然だ」との声も挙がっている。

「申請内容と違う」府職員が偶然発見

 問題が発覚したのは今年2月下旬。文化財保護を担当する府教委(現・府教育庁)の職員らが偶然、応神天皇陵古墳の西側に隣接する空き地を通りかかった際に「許可申請の内容と違う」と疑問に思ったことがきっかけになった。問題の土地には、約4700平方メートルに砕石が敷きつめられていた。

 この空き地は市有地で、古墳のすぐ近くに位置することから国史跡に含まれている。文化財保護法では国史跡の開発は制限されており、事前に所管の文化庁から許可を受ける必要がある。

 羽曳野市は当初、「天皇陵と一緒に花のある風景を楽しんでもらおう」と空き地を花畑として整備することを計画。「花畑整備のために土を埋める」という開発許可を府教委を通じて今年1月、文化庁の許可を得ていた。

陳謝も文化庁カンカン&「しなくてもいい工事」に血税使い

このニュースの写真

  • 世界遺産「落選」は当然 文化庁が激怒した羽曳野市の大失態…パートナーの堺市も大迷惑
  • 世界遺産「落選」は当然 文化庁が激怒した羽曳野市の大失態…パートナーの堺市も大迷惑

「産経WEST」のランキング