産経WEST

【大阪府警OB関与詐欺】逮捕の元警部補、医院に現役警官紹介か 複数の名刺押収

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【大阪府警OB関与詐欺】
逮捕の元警部補、医院に現役警官紹介か 複数の名刺押収

小川光正容疑者 小川光正容疑者

 大阪市内の歯科医院による診療報酬の不正受給事件で、詐欺容疑で逮捕された大阪府警捜査1課の元警部補、小川光正容疑者(68)らが、複数の府警の現職警察官を医院側に紹介した疑いがあることが、捜査関係者などへの取材で分かった。府警は、小川容疑者がOBとしての人脈を誇示し、医院側から何らかの利益を得ようとした可能性もあるとみている。

 捜査関係者などによると小川容疑者や、ともに逮捕された知人の経営コンサルタント、宮崎等容疑者(67)は昨年春ごろ、医院の理事長で歯科医師、賀川幸一郎容疑者(45)の秘書だった男性(40)=同容疑で逮捕後、処分保留で釈放=と大阪市内の飲食店で会食。この際、府警の刑事部門に所属する複数の警察官を連れてきたという。

 小川、宮崎両容疑者と医院側は少なくとも数年前から接点があったとみられ、飲食代は男性が賀川容疑者から預かった資金で支払ったという。府警は同席したとみられる複数の警察官の名刺を押収している。

 一連の事件では医院側が昨年7~9月、〝指示役〟とされる会社役員、平井雄大(かつひろ)容疑者(34)が経営する整骨院などから入手した患者約100人分の保険証を悪用し、診療報酬約610万円を不正受給したとされる。

 逮捕前、産経新聞の取材に応じた男性は「平井(容疑者)と医院との間で当時トラブルがあり、宮崎(容疑者)に対策費名目で現金を渡すなどしていた。もめ事をうまく解決してくれる存在だった」と証言。会食した警察官については「小川(容疑者)と親しい関係だと思った。世間話が中心で、難しい話はしていない」などと説明していた。

「産経WEST」のランキング