産経WEST

【ビジネスの裏側】USJ「赤字覚悟」の投資? 「夏休みに子供無料」大盤振る舞い…常識外れの秘策に計算も

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ビジネスの裏側】
USJ「赤字覚悟」の投資? 「夏休みに子供無料」大盤振る舞い…常識外れの秘策に計算も

チケット売り場に並ぶ親子連れら=7月16日午前、大阪市此花区(岡本義彦撮影) チケット売り場に並ぶ親子連れら=7月16日午前、大阪市此花区(岡本義彦撮影)

 テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(USJ、大阪市此花区)が夏休み期間限定で、関西2府4県に住む子供たちの入場料を無料にするキャンペーンを展開中だ。今年3月に迎えた開業15周年の記念企画で、「地域の皆さんへの感謝の気持ち」が実施の理由だという。だが夏休みといえば、黙っていても多くの集客が期待できる“稼ぎ時”。「入場ゼロ円」いう大胆なキャンペーンの背景には、常識を越えたUSJならではの戦略も見え隠れするが、「赤字覚悟」に二言はないらしい。(阿部佐知子)

 赤字でも「感謝の気持ち」

 USJの「子供無料」キャンペーンは、「海の日」(7月18日)までの3連休初日の16日にスタートし、9月4日までの日程で実施される。

 対象は関西2府4県に在住する人で、大人(12歳以上、通常7400円)1人と、同伴する子供(4~11歳と12歳の小学生、同4980円)の計2人分の入場券を、7400円で発売する。大人2人と小学生以下2人の4人家族なら、子供2人分の約1万円が“浮く”わけだ。

 USJが同様の無料キャンペーンを実施するのは初めてではない。平成23年には、3月に東日本大震災が発生し、自粛ムードなどから入場者数が3割減となっていたため、5月から約1カ月半実施した。さらに25年夏には、子供向けエリア「ユニバーサル・ワンダーランド」の来場者が1千万人を突破したことを記念して行っている。

続きを読む

このニュースの写真

  • USJ「赤字覚悟」の投資? 「夏休みに子供無料」大盤振る舞い…常識外れの秘策に計算も

関連トピックス

「産経WEST」のランキング