産経WEST

【〝地下アイドル〟脅迫】ストーカー被害の拡大防ぐには…待たれるSNS規制

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【〝地下アイドル〟脅迫】
ストーカー被害の拡大防ぐには…待たれるSNS規制

 全国のストーカーの被害相談は近年、年間2万件以上で推移しており、アイドルら芸能人がツイッターなどのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を通じ被害を受けるケースも相次いでいる。ただ、ストーカー規制法ではSNSへの書き込み規制までは明記されておらず、SNSも規制対象とする法改正の必要性が指摘されている。

 警察庁によると、全国のストーカー被害の相談件数は平成12年に2280件だったが、25年に2万件を突破。以降は2万件台で推移している。一方、ストーカー行為の約8割を食い止めるとされるのが、同法に基づく「警告」だ。適用は年々増え、27年には全国で3375件の警告が出された。

 大阪府警でも「相手に警告書面を交付し、受領書にサインもさせるので抑止効果は高い」(捜査幹部)として積極的に警告を出しており、23年の78件から27年は188件へと急増。今年1~6月も、前年同期より6割多い119件に上っている。

続きを読む

「産経WEST」のランキング