産経WEST

【それゆけ!大阪ラーメン部】開発秘話(3)/第6弾 パッケージを大幅リニューアルして丼型に

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【それゆけ!大阪ラーメン部】
開発秘話(3)/第6弾 パッケージを大幅リニューアルして丼型に

大阪ラーメン第6弾で一新されたパッケージ 大阪ラーメン第6弾で一新されたパッケージ

 熾烈なカップ麺業界

 エースコック、大阪王将、産経新聞がタッグを組み、8月15日に全国発売する「産経新聞 大阪ラーメン」の第6弾は、味とともに、パッケージも一新される。その背景には、次から次へと新商品が登場し熾烈(しれつ)な競争が繰り広げられるカップ麺業界の事情がある。

 8~9月はスーパーなどの小売店が商品陳列の構成を大幅に見直す時期にあたり、カップ麺業界でも各社が、新商品の発売や既存商品のリニューアルを行う。

 それだけにエースコックの開発担当者、山川大輔・マーケティング部係長(35)は「他の商品に埋没するのは避けたい」との思いを強くしていた。

 連日検討を繰り返す中で行き着いたのが、カップ麺のヘビーユーザーである主婦層と、スーパーなどに行く回数が多いシニア世代を主なターゲット層として設定する王道戦略だった。

 この戦略に沿って3つの軸を決めた。1つ目は容器。形状をハンディーな円柱型からどっしりとした丼(どんぶり)型に変更した。変更に伴って麺を5グラム増やし、ボリューム感のアップとともにスープのうま味がより一層、引き立つようにした。

続きを読む

このニュースの写真

  • 開発秘話(3)/第6弾 パッケージを大幅リニューアルして丼型に

関連ニュース

【それゆけ!大阪ラーメン部】開発秘話(2)/第6弾「スープ」と「かやく」絶妙マッチ 味づくり担う2人の女子

「産経WEST」のランキング