産経WEST

金地金20キロ密輸の疑い 韓国籍の女ら2人逮捕 9千万円にかかる消費税逃れようと 大阪府警

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


金地金20キロ密輸の疑い 韓国籍の女ら2人逮捕 9千万円にかかる消費税逃れようと 大阪府警

 金の延べ板をスーツケースに隠して密輸しようとしたとして、大阪府警生活安全特捜隊などは27日、関税法違反(無許可輸入未遂)などの疑いで、大阪府泉南市幡代、輸入雑貨販売業の韓国籍、張順子容疑者(60)ら女2人を逮捕した。いずれも容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、5月12日夕、韓国・仁川空港から関西空港に到着し、1枚1キログラムの金の延べ板20枚(9千万円相当)を税関に申告せず密輸しようとしたとしている。1枚ずつ新聞紙にくるんだ延べ板を手荷物のバッグに入れており、税関職員が発見したという。

 金を正規で輸入した場合、消費税を税関に支払う必要があるが、密輸して売却すればその分利益が上乗せされる。府警によると、張容疑者は数年前から韓国や香港に頻繁に渡航しており、調べに対し、「香港で金を購入し、10回くらい密輸した」などと供述している。

「産経WEST」のランキング