産経WEST

老朽化の大阪・西成「あいりん総合センター」移転場所を決定 35年度にも建て替え完了 住民らと確認

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


老朽化の大阪・西成「あいりん総合センター」移転場所を決定 35年度にも建て替え完了 住民らと確認

 老朽化で耐震性に問題がある大阪市西成区の日雇い労働者支援の複合施設「あいりん総合センター」の建て替えについて、市が住民や関係者の意見を聞く「あいりん地域まちづくり会議」が26日、同区で開かれた。吉村洋文市長や松井一郎大阪府知事が出席し、センター内の就労斡旋(あっせん)施設の仮移転先を近くの南海電鉄の高架下と決めた。

 同じくセンター内にある市の医療施設は、隣接する市立萩之茶屋小学校跡地に移転することも決定。これにより建て替え事業開始の目途が立ち、早ければ平成35年度に完了する見込みとなった。

「産経WEST」のランキング