産経WEST

【昭和クルマ列伝(平成番外)】300馬力!? 最強3ローター「コスモ」はバブルが生んだ恐竜

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【昭和クルマ列伝(平成番外)】
300馬力!? 最強3ローター「コスモ」はバブルが生んだ恐竜

 「コスモ」という車名はマツダにとって深い意味を持つ。1967年に発売した「コスモ・スポーツ」は国産初のロータリーエンジン搭載車として歴史に名を刻み、以後ロータリー車の代名詞となった。1990年4月、バブル景気の追い風に乗って「コスモ」は最強のスペシャリティカーとして復活した。

 当時、マツダは販売店の5系列化を進めていて、「コスモ」はユーノス店のトップモデルとして開発された。当時は「ソアラ3・0GT」や「フェアレディ300ZX」が最強GTカーとして君臨しており、トヨタ、日産への強い対抗心があった。

 「ユーノス・コスモ」は全長4・8メートル、全幅1・8メートルの大柄2ドアクーペだ。グラマラスな曲線のスタイルは存在感たっぷり。内装は木目パネルや本革シートをぜいたくに使った高級志向。GPSカーナビを初採用するなど、高い先進性も備えていた。

 エンジンは“お家芸”のロータリーのみ。世界で初めて採用された3ローターのポテンシャルは極めて強力だ。何しろ排気量はレシプロエンジン換算で4000cc超。ジャガーやベントレーの12気筒エンジンのように低速から滑らかに吹け上がる。シーケンシャルツインターボによる過給で280馬力を発生した。最高出力の自主規制がなければ300馬力オーバーだったといわれる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 300馬力!? 最強3ローター「コスモ」はバブルが生んだ恐竜
  • 300馬力!? 最強3ローター「コスモ」はバブルが生んだ恐竜

「産経WEST」のランキング