産経WEST

1歳男児の尿から覚醒剤、誤飲か…所持容疑で父逮捕 兵庫県警

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


1歳男児の尿から覚醒剤、誤飲か…所持容疑で父逮捕 兵庫県警

 神戸市内の病院に搬送された1歳男児の尿から覚醒剤成分が検出され、兵庫県警が覚せい剤取締法違反(所持)容疑で父親(34)を現行犯逮捕していたことが15日、分かった。県警は、男児が自宅にあった覚醒剤を誤飲した可能性があるとみて調べている。

唖然…「息子が高熱」と119番した父

 県警などによると、父親から8日、「息子の熱が下がらない」と119番があり、病院に救急搬送。病院の検査で男児の尿から覚醒剤のような成分が検出され、病院が同日、県警や児童相談所に通報した。

 県警は鑑定で成分が覚醒剤と特定し、9日に男児の自宅を家宅捜索。父親のかばんからポリ袋に入った覚醒剤約0・04グラムが見つかり、父親を現行犯逮捕した。父親は調べに「自分が使うために持っていた」と容疑を認めたが、「子供には覚醒剤を与えていない」と供述している。

 県警などによると、男児は、両親と生まれたばかりの女児との4人暮らし。男児の頭や腹などには複数のあざがあり、日常的に虐待を受けていた可能性があるという。男児は経過観察のため入院したが、すでに退院。女児も検査のために一時入院したが、覚醒剤の成分は検出されなかった。

▼小中学生に化粧・毛染めは止めて! 化学物質で肌荒れ、アレルギー…危険いっぱい

▼中国「最先端」小学校…児童は鼻血・嘔吐・アレルギー続出…運動場は“毒”だらけ

「産経WEST」のランキング