産経WEST

介護給付金だまし取った障害福祉サービス事業者 詐欺容疑で元従業員ら逮捕 広島・福山

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


介護給付金だまし取った障害福祉サービス事業者 詐欺容疑で元従業員ら逮捕 広島・福山

 虚偽の書類を作成し、福山市から介護給付費をだまし取ったとして、福山東署は13日、詐欺容疑で、元指定障害福祉サービス事業者「あおぞら」(福山市草戸町)の経営に携わっていた同市南手城町の無職、小林義男容疑者(68)ら4人を逮捕した。

 ほかに逮捕したのは、同市瀬戸町の無職、藤原一成容疑者(59)、同市草戸町の無職、三馬徳子容疑者(69)、同市千田町の会社員、村岡美紀容疑者(47)。4人は容疑を認めている。

 逮捕容疑は、小林容疑者と「あおぞら」に勤務していた3人は、市から介護給付費をだまし取ろうと共謀。視覚障害者にサービスを行った事実がないのに、サービスをしたとした書類を作成、市保健福祉局福祉部障がい福祉課に提出した。この手口で平成26年1月15日~27年9月15日の間、20回にわたって計125万4650円を詐取したとしている。

 あおぞらでは、昨年7月の福山市の監査で約1千万円の不正受給が発覚し、同市は今年1月に障害福祉サービス事業者の指定取り消しなどの行政処分を実施。6月15日に告訴していた。

 同署によると、小林容疑者は25年4月、別の障害福祉サービス事業を行っていた際も不正受給しており、行政処分を受けていた。同署は余罪や詐取金の使途について調べている。

「産経WEST」のランキング