産経WEST

【関西の議論】クロマグロが回転寿司から消える?…名門「勝浦漁協」破綻の衝撃 水揚げ不振の背景に何が

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
クロマグロが回転寿司から消える?…名門「勝浦漁協」破綻の衝撃 水揚げ不振の背景に何が

勝浦漁港で水揚げされたクロマグロ。漁獲量の低迷は深刻だ=那智勝浦町 勝浦漁港で水揚げされたクロマグロ。漁獲量の低迷は深刻だ=那智勝浦町

 卓越年級群は、水温や外敵が少ないなど、複数の好環境が偶然、重なったことで、通常の数倍の幼魚が生存し、マグロの資源量が極端に多くなる現象で、いわばクロマグロの“団塊の世代”にあたる。

 しかし、6年以降はこうした現象が確認されていない。このため島田部長は「勝浦で相次いで水揚げされている大型クロマグロは、この団塊の世代の生き残りだと思う。それ以降は幼魚が極端に多く発生していないため、全体の漁獲量が減っているのでは」と説明する。

 個体数を増やすには、各国の協力態勢が不可欠なのは先に示した通りだ。

 勝浦港の漁師の男性(42)は「大きいのはおじいちゃんマグロで、脂も少なく、味も劣る。100~200キロの中型のマグロが脂が多くておいしいが、最近はさっぱりとれない」と嘆く。人と同様にクロマグロも少子高齢化が進んでおり、新たなベビーブームの到来が待たれる。

関連ニュース

【ビジネスの裏側】ミシュラン“七つ星”に近大ナマズ…旅の楽しみ機内食の最新事情

「産経WEST」のランキング