産経WEST

【関西の議論】クロマグロが回転寿司から消える?…名門「勝浦漁協」破綻の衝撃 水揚げ不振の背景に何が

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
クロマグロが回転寿司から消える?…名門「勝浦漁協」破綻の衝撃 水揚げ不振の背景に何が

勝浦漁港で水揚げされたクロマグロ。漁獲量の低迷は深刻だ=那智勝浦町 勝浦漁港で水揚げされたクロマグロ。漁獲量の低迷は深刻だ=那智勝浦町

 また中型が少ない理由として、「(世界的に)過度にクロマグロの漁獲が進み、中型サイズのクロマグロを取り尽くしてしまい、まだ誕生して数年の若いクロマグロしかいなくなってしまったからでは…」とも推測する。

太平洋クロマグロの減少

 農林水産省生産流通消費統計課によれば、全国の漁協や市場などの水揚機関約2500施設を対象に調査したクロマグロの総漁獲量は、昭和36年の7万129トンをピークに次第に減少し、平成10年には過去最低の8465トンにまで落ち込んだ。

 平成26年は1万1270トンと少し回復したが、ここ数年は2万トンを切る年が多く、ピーク時の7分の1程度だ。

 水産庁によると、国際的な調査をもとにした太平洋クロマグロの親漁資源量(推計値)は、2014(平成26)年が約1・7万トン。ピークの1962(昭和37)年(約16万トン)以降、多少の増減はあるものの全体として減少傾向が続き、ここ数年は歴史的最低水準となっている。小型魚の漁獲が増えたことなどが原因で、親魚が育たない状況がみられるという。

続きを読む

関連ニュース

【ビジネスの裏側】ミシュラン“七つ星”に近大ナマズ…旅の楽しみ機内食の最新事情

「産経WEST」のランキング