産経WEST

【スポーツなんでやねん】「土下座」韓国の英雄、ゴネ得?で五輪出場決定…ドーピング処分の迷走

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【スポーツなんでやねん】
「土下座」韓国の英雄、ゴネ得?で五輪出場決定…ドーピング処分の迷走

土下座で五輪出場を訴える朴泰桓選手=韓国・仁川市役所(聯合=共同) 土下座で五輪出場を訴える朴泰桓選手=韓国・仁川市役所(聯合=共同)

 言葉は悪いが「ゴネ得」は独特の文化なのだろうか…と感じた。韓国競泳代表から漏れたことを不服とし、土下座までして訴えていた2008年北京五輪男子400メートル自由形金メダリスト、朴泰桓(26)が一転してリオデジャネイロ五輪に出場できることになったからだ。

土下座をしてまで…「国に奉仕したい」

 「韓国競泳界の英雄」とも称される朴泰桓は2015年1月、仁川アジア大会直前の14年9月に受けたドーピングテストで陽性反応の結果が出ていたことが判明。その後の調査で筋肉増強効果のあるテストステロンの成分を含む注射を受けていたことが分かった。これを受け、国際水泳連盟は15年3月、テストを受けた14年9月にさかのぼって1年6カ月の資格停止処分を科した。

 処分は今年3月に解けたが、韓国オリンピック委員会が「処分解除から3年は韓国代表になれない」とする国内規定を定めていたため、復帰戦となった4月の国内大会で五輪参加標準記録を上回る好記録を出しながらも、リオデジャネイロ五輪代表入りを逃していた。

 これに対し、韓国内では同情論がおこり、朴泰桓自身も仁川市庁で開かれた記者会見で土下座。「水泳で国に奉仕できるよう、一度だけ機会を与えてほしい」と訴えた。

提訴、そして逆転勝利…韓国五輪委の迷走ぶり

続きを読む

このニュースの写真

  • 「土下座」韓国の英雄、ゴネ得?で五輪出場決定…ドーピング処分の迷走

関連トピックス

「産経WEST」のランキング