産経WEST

5人死傷事故で懲役4年 運転中にてんかん発作の男 宮崎地裁「服薬怠り運転を非難」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


5人死傷事故で懲役4年 運転中にてんかん発作の男 宮崎地裁「服薬怠り運転を非難」

 宮崎市で昨年3月、乗用車を運転中にてんかんの発作を起こし、1人が死亡、4人にけがを負わせる事故を起こしたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた無職、岡留富信被告(63)に宮崎地裁は11日、懲役4年(求刑懲役5年6月)の判決を言い渡した。

 判決理由で織川逸平裁判官は「主治医から注意を受けていたのに服薬を怠って運転した。認識の甘さは厳しい非難に値する」と指摘した。

 判決によると、岡留被告は昨年3月12日、宮崎市で乗用車を運転中、てんかんの発作で意識障害となり、前方や対向の車に次々と衝突。軽乗用車の男性=当時(56)=を死亡させ、男女4人にけがを負わせた。

「産経WEST」のランキング