産経WEST

【参院選】「正直、政党ごとの主張や目標よく分からなかった」「当選した人は責任を持って」…18、19歳の若者は何を託したのか

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【参院選】
「正直、政党ごとの主張や目標よく分からなかった」「当選した人は責任を持って」…18、19歳の若者は何を託したのか

大阪市の投票所で、母親(左)と一緒に投票する大学1年生の清水優希さん(18)。昨年の大阪都構想の住民投票にも関心があった。初めての選挙に「参加できたかなという気持ち。1票の重みを感じた」と振り返った=10日午前 大阪市の投票所で、母親(左)と一緒に投票する大学1年生の清水優希さん(18)。昨年の大阪都構想の住民投票にも関心があった。初めての選挙に「参加できたかなという気持ち。1票の重みを感じた」と振り返った=10日午前

 東日本大震災で福島県から避難を続けている大阪市平野区の会社員、望月みなみさん(19)は、住民票は福島に残したままだという。現地の情報を得るのが難しく、投票はぎりぎりまで迷った。

 「正直なところ政党ごとの主張や目標まではよく分からなかった。勉強不足を実感したので、次回は納得のできる投票をしたい」と話した。

 大阪府岸和田市の専門学校生、武田和樹さん(18)は、投票を終え、大人への階段を上ったような気分になったとする。

 投票に際しては「真剣に考え、将来、子供が増えそうな政策を打ち出している候補者や政党を選んだ」という。自分が一票を投じただけにこれからが気になるとし、「この選挙を経て今後、国がどう変わっていくのか注目したい」と力を込めた。

このニュースの写真

  • 「正直、政党ごとの主張や目標よく分からなかった」「当選した人は責任を持って」…18、19歳の若者は何を託したのか
  • 「正直、政党ごとの主張や目標よく分からなかった」「当選した人は責任を持って」…18、19歳の若者は何を託したのか
  • 「正直、政党ごとの主張や目標よく分からなかった」「当選した人は責任を持って」…18、19歳の若者は何を託したのか
  • 「正直、政党ごとの主張や目標よく分からなかった」「当選した人は責任を持って」…18、19歳の若者は何を託したのか

「産経WEST」のランキング