産経WEST

【参院選】「正直、政党ごとの主張や目標よく分からなかった」「当選した人は責任を持って」…18、19歳の若者は何を託したのか

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【参院選】
「正直、政党ごとの主張や目標よく分からなかった」「当選した人は責任を持って」…18、19歳の若者は何を託したのか

大阪市の投票所で、母親(左)と一緒に投票する大学1年生の清水優希さん(18)。昨年の大阪都構想の住民投票にも関心があった。初めての選挙に「参加できたかなという気持ち。1票の重みを感じた」と振り返った=10日午前 大阪市の投票所で、母親(左)と一緒に投票する大学1年生の清水優希さん(18)。昨年の大阪都構想の住民投票にも関心があった。初めての選挙に「参加できたかなという気持ち。1票の重みを感じた」と振り返った=10日午前

 初めて選挙権を得た18、19歳の若者たちは、何を託して一票を投じたのか。

 人口減少に歯止めがかからず、過疎化が深刻化する和歌山県紀美野町。県立海南高校大成校舎3年の北前友哉さん(18)は、選挙期間中に耳にしてきた候補者の訴えに特別な関心や意識が芽生えることはなかったという。ただ、「住みやすい社会を考えて投票したつもりだ。次も必ず投票に行こうと思っている」と語った。

 同様に過疎化が課題の奈良県上北山村で、唯一村に暮らす新有権者となる、村教育委員会に勤める畑中奈央さん(19)は9日に期日前投票を済ませた。「18、19歳は全体の有権者に比べると少ないけれど、少しでも声を政策に反映してくれたらいい。当選した人には、掲げていた公約をしっかり実行してほしい」と訴えた。

 奈良市立一条高校で「18歳選挙権」をテーマにした討論会の司会を務めた同校3年、矢部達大(たつひろ)さん(18)は「公約を実現するための財源がはっきりしているかどうか」を基準に一票を投じた。投票を終え、主権者としての義務を果たせたと実感したという。

 「1票ですぐに何かが変わるとは思わないが、当選した人には責任を持ってがんばってもらいたい」。難病「進行性骨化性線維異形成症(しんこうせいこっかせいせんいいけいせいしょう)」の治療を続ける兵庫県明石市の山本育海さん(18)は、こう語る。「政治とカネ」の問題が後を絶たないのも気がかりで「後からお金の問題が出てこないようにしてほしい」と注文をつけた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「正直、政党ごとの主張や目標よく分からなかった」「当選した人は責任を持って」…18、19歳の若者は何を託したのか
  • 「正直、政党ごとの主張や目標よく分からなかった」「当選した人は責任を持って」…18、19歳の若者は何を託したのか
  • 「正直、政党ごとの主張や目標よく分からなかった」「当選した人は責任を持って」…18、19歳の若者は何を託したのか
  • 「正直、政党ごとの主張や目標よく分からなかった」「当選した人は責任を持って」…18、19歳の若者は何を託したのか

「産経WEST」のランキング