産経WEST

金閣寺に高さ約110メートルの七重塔があった!! 破片発見 史上最も高い木造建築物

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


金閣寺に高さ約110メートルの七重塔があった!! 破片発見 史上最も高い木造建築物

塔の先端部「相輪」の一部とみられる青銅の破片。金閣寺に七重塔が存在する証となった 塔の先端部「相輪」の一部とみられる青銅の破片。金閣寺に七重塔が存在する証となった

 室町幕府3代将軍、足利義満が晩年を過ごした「北山殿」跡(後の金閣寺=京都市北区)から塔の先端部「相輪(そうりん)」の一部とされる青銅製の破片が出土し8日、京都市考古資料館が発表した。約110㍍の木造の塔とされる「北山大塔」の一部の可能性が高いという。これまで北山大塔の存在は一部の文献に記されているだけで、実際に遺物が見つかったのは今回が初めて。同資料館は「北山大塔の存在を裏付けた価値は高い」としている。

 現存する最も高い木造建築物は、東寺の五重塔(55㍍)だが、北山大塔は相国寺七重塔と並んで日本史上最も高い木造建築物とされている。

 寺院施設の改築に伴って昨年5月から昨年7月にかけて境内の北東角、約450平方㍍で行われた調査で見つかった。15世紀初頭の溝跡から最大幅37㌢、最大高25㌢など数点の青銅製の破片が出土したという。形から塔の先端の相輪の一部「宝輪」と判明。復元すると直径約2・4㍍になる。成分分析では、表面には金メッキが施されていたことも確認された。

 出土した年代や大きさなどから、義満が、禅宗寺院・相国寺に築いた高さ110㍍の七重塔が落雷で焼失した翌年の応永11(1404)年、自分の別荘の北山殿に再び建てようとした同規模の北山大塔の可能性が高いという。

続きを読む

このニュースの写真

  • 金閣寺に高さ約110メートルの七重塔があった!! 破片発見 史上最も高い木造建築物
  • 金閣寺に高さ約110メートルの七重塔があった!! 破片発見 史上最も高い木造建築物
  • 金閣寺に高さ約110メートルの七重塔があった!! 破片発見 史上最も高い木造建築物
  • 金閣寺に高さ約110メートルの七重塔があった!! 破片発見 史上最も高い木造建築物
  • 金閣寺に高さ約110メートルの七重塔があった!! 破片発見 史上最も高い木造建築物

「産経WEST」のランキング