産経WEST

【プロ野球】最下位阪神、借金2けたに…嘆きの貧打、9安打でわずか1点

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【プロ野球】
最下位阪神、借金2けたに…嘆きの貧打、9安打でわずか1点

【巨人-阪神】六回 巨人・阿部に2点適時打を浴びた阪神・岩崎優=6日、東京ドーム(矢島康弘撮影) 【巨人-阪神】六回 巨人・阿部に2点適時打を浴びた阪神・岩崎優=6日、東京ドーム(矢島康弘撮影)

 【巨人3-1阪神】巨人が競り勝った。0-1の五回に村田のソロで追い付き、六回は四球と2安打で得た1死満塁で阿部が勝ち越しの2点中前打を放った。田口が七回途中1失点で4勝目。

 阪神は9安打3四死球で好機をつくりながら、1点に終わった。

笛吹けど選手踊らず…怒りの導火線に火

 ナインを叱咤する阪神・金本監督の顔には明らかに怒りがあった。0―0の二回攻撃前、異例の早いタイミングで円陣を組ませると、自ら口を開いた。「しっかり相手に向かっていけ」。だが、笛吹けど選手は踊らず1得点で、借金はついに「10」。試合後、敗軍の将は脇目もふらず引き揚げた。

 一回、先頭の上本が2球見逃し、3球三振に倒れると、怒りの導火線に火が着いた。ミーティングでの指示と異なる姿勢。「1打席目から九回2死満塁くらいの気持ちで全打席いけ、と」。指揮官の激しい口調に表情をこわばらせたナインも、必死に応えようとはした。

続きを読む

関連ニュース

【女子マラソン】野口みずきさん結婚!引退会見から3カ月、お相手は…

「産経WEST」のランキング