産経WEST

「不落(おちない)」兵糧米が受験生らに人気 楠木正成ゆかりの地、大阪・千早赤阪村

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「不落(おちない)」兵糧米が受験生らに人気 楠木正成ゆかりの地、大阪・千早赤阪村

北朝時代の武将、楠木正成にあやかって作られた「正成公御兵糧米」 北朝時代の武将、楠木正成にあやかって作られた「正成公御兵糧米」

 南北朝時代の武将・楠木正成ゆかりの地、大阪府千早赤阪村で販売されている合格祈願の「正成公御兵糧米(まさしげこうおんひょうろうまい)」が、就職活動を迎えた学生や受験生の人気を集めている。

 「日本の棚田百選」にも選ばれた下赤阪の棚田(同村)で収穫された米150グラムを詰めたもので、副題は「不落(おちない)千早城」。鎌倉幕府の大軍を前に落城しなかった正成築城の千早城にあやかったものだ。

 扱っているのは同村内で飲食業などを手がける「金剛山麓まつまさ」。正成が倒幕を掲げる後醍醐天皇に応じて挙兵、籠城戦に耐え抜いた話にちなんで、千早城跡にある千早神社で収穫米をおはらいし、平成25年から販売を始めた。一袋千円だが、縁起がいいと受験生らに注目され、これまでに1500袋が売れた。

 同社の松本公成社長(43)は「『兵糧米』を通じて正成公の名声が広まってくれるのは、うれしいことです」と話している。

関連ニュース

【関西の議論】「ホステスちゃうわ!」女子大生ぶちキレクレームの嵐 カラオケ強制参加100点、声小さいと減点…元准教授トンデモ成績評価

「産経WEST」のランキング