産経WEST

【関西の議論】「ホステスちゃうわ!」女子大生ぶちキレクレームの嵐 カラオケ強制参加100点、声小さいと減点…元准教授トンデモ成績評価

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
「ホステスちゃうわ!」女子大生ぶちキレクレームの嵐 カラオケ強制参加100点、声小さいと減点…元准教授トンデモ成績評価

カラオケボックスで試験? 神戸の私立女子大で信じがたい成績評価が行われていた。解雇された元准教授は裁判で「裁量の範囲内」と主張したが… カラオケボックスで試験? 神戸の私立女子大で信じがたい成績評価が行われていた。解雇された元准教授は裁判で「裁量の範囲内」と主張したが…

 カラオケに参加した学生は全員100点。でも、発表時の声が小さい学生は減点-。神戸の私立女子大で、そんな信じがたい成績評価が行われていたことが明らかになった。きっかけは、問題行動を繰り返して女子大を解雇された元准教授が、運営法人を相手に地位確認などを求めた訴訟。カラオケボックスでのテスト実施などを「裁量の範囲内」と主張したが、神戸地裁は6月、「教員としての適格性の欠如は矯正不可能」として元准教授を〝全面敗訴〟とする判決を言い渡した。「大学全入時代」といわれる昨今、学生の学力低下が叫ばれるが、教員の質の低下も深刻かもしれない。

「どのように成績を付けているのか」

 まずは地裁が認定した事実や訴訟記録をもとに、元准教授が解雇された経緯を振り返ってみる。

 平成26年4月。神戸市内のある女子大に、前年度に開講された英語能力テスト「TOEIC」の対策講座をめぐり、成績評価への不服を申し立てる学生からの投書が届いた。

 《テストに出席していない子が単位を取れて、私は落とされました。授業中に当てられた際、声が小さければ欠席扱いにされていました。最後の授業はアイスパーティーをして終わりました。どのように成績を付けているのか不明です》 

 講義を受け持っていたのは文学部の男性元准教授。7年に女子大の専任講師になって以降、20年近くにわたって英語を教え続けてきた50代後半のベテラン教員だった。

続きを読む

「産経WEST」のランキング