産経WEST

米軍属、管轄移転求める 「公平な裁判できない」 沖縄の女性会社員殺害裁判

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


米軍属、管轄移転求める 「公平な裁判できない」 沖縄の女性会社員殺害裁判

 沖縄県うるま市の女性会社員(20)を殺害したとして殺人罪などに問われた元米海兵隊員で軍属のシンザト・ケネス・フランクリン被告(32)の弁護人は4日、反基地感情が高まり公平な裁判ができないとして、那覇地裁ではなく、審理を東京地裁に移すよう求める管轄移転請求書を那覇地裁に提出した。事件は裁判員裁判の対象になる。

 弁護人の高江洲歳満弁護士が記者会見で明らかにした。シンザト被告が「反基地感情を自分1人で背負えない」とし管轄移転を希望したという。

 請求書によると、沖縄で県議会や全市町村議会が抗議決議を可決した点に触れ「県民は悲しみを共有し、心は憎悪で凝り固まっている」と指摘。裁判員に選ばれる県民が「厳罰に処すべきという予断を持ち、公平な裁判をできない恐れがある」とした。

 一方、高江洲弁護士は、犯行内容からシンザト被告は精神状態に問題があった可能性があるとし、精神鑑定を求める意向を示した。

 起訴状によると、シンザト被告は4月28日午後10時ごろ、うるま市の路上で女性を乱暴目的で襲い、頭を背後から棒で殴打。草むらに連れ込み、ナイフで首付近を刺すなどして抵抗できないようにしたが、目的を遂げられず、一連の暴行で女性を殺害したとしている。

「産経WEST」のランキング