産経WEST

「塾で炎色反応学び、いろいろな火を見たかった」芝生などにライターで連続放火、11歳男児を児相通告 大津

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「塾で炎色反応学び、いろいろな火を見たかった」芝生などにライターで連続放火、11歳男児を児相通告 大津

 大津市内の芝生や防鳥ネットなどにライターで火を付けたとして、滋賀県警大津署は4日、器物損壊の非行内容で、同市内の小学生男児(11)を児童相談所に通告したと発表した。

 同署によると、「塾の校外学習で炎色反応を学んでから、いろいろな種類のものを燃やして火を見たかった」と火をつけたことを認めている。

 男児は6月10日~14日、大津市の駐車場の芝生など4カ所に火を付けて燃やしたとされる。

 ほかにも4カ所に火を付けたと話したが、被害は確認されなかった。

 14日に防鳥ネットが燃やされた直後、現場付近にいた男児に同署員が事情を聴いたところ、火をつけたことを認めたため補導した。

 不審火があった地域では、自治会員らがパトロールを続けていた。

 自治会長の男性(67)は「のんびりした町だったのに、不審火が起こってからは緊張感が漂っていた。捜査が進み、ほっとした」。男児を知る近所の女性は「わんぱくな子という印象はなく、まじめそうな子だった」と話していた。

「産経WEST」のランキング