産経WEST

【プロ野球】阪神能見、緩急つけ踏ん張る 6回2失点で5勝目

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【プロ野球】
阪神能見、緩急つけ踏ん張る 6回2失点で5勝目

【プロ野球中日対阪神】阪神先発・能見篤史=ナゴヤドーム(撮影・中島信生) 【プロ野球中日対阪神】阪神先発・能見篤史=ナゴヤドーム(撮影・中島信生)

 阪神の能見が5勝目を挙げた。内角への直球とフォークボールを巧みに操って六回まで2失点で踏ん張った。ドリスが5セーブ目。打線は同点の五回に伊藤隼の適時打で勝ち越した。中日は14三振と打線が空転した。

4投手リレー

 〝薄い氷〟を阪神は計4投手のリレーで守り抜いた。打線は3得点と低調なままだったが、1点差で逃げ切り。金本監督は「きょうはピッチャーの勝利かな」。白星の喜びよりも、引ききらぬ冷や汗が前面に出ていた。

 先発能見は「最初から飛ばして、いけるところまでいこうと思って投げた」。コンスタントに140キロ台半ばを計測し、福田に2ランこそ浴びたが、厳しい内角攻めで腰を引かす。六回2死満塁も堂上を内角球で見逃し三振に仕留め、94球でバトンを後続に託した。

続きを読む

「産経WEST」のランキング