産経WEST

「スーパー玉出」で毒含むフグをパック詰め販売 従業員のミス、すぐに撤去

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「スーパー玉出」で毒含むフグをパック詰め販売 従業員のミス、すぐに撤去

 激安スーパーとして知られる「スーパー玉出」(本社・大阪市西成区)の一部店舗で、毒性のある皮などが付いたままのマフグ(別名・ナメラフグ)がパック詰めされ、一時販売されていたことが29日、分かった。強い毒性のある肝臓や卵巣は納入段階で除去されていたが、大阪市は食品衛生法違反などの可能性があるとして調査を始めた。

 同社関係者によると、大阪市北区天神橋の「スーパー玉出天神橋店」で今月下旬、従業員が誤って調理前のマフグをパック詰めし、数匹分を店頭に並べた。従業員がすぐにミスに気付いて撤去したため、購入した客はいなかったという。

 買い物客が販売されていたフグの写真をツイッターに掲載し、インターネット上で騒動になった。同社は「お客さまに大変申し訳ない。従業員教育を今後徹底したい」としている。

「麦とろ牛ぶっかけうどん」原因か、丸亀製麺18人が食中毒

「産経WEST」のランキング