産経WEST

【関西の議論】「猫の島」ネコ100匹を一斉不妊手術…増えすぎ“猫害”深刻、人と動物の共存へ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
「猫の島」ネコ100匹を一斉不妊手術…増えすぎ“猫害”深刻、人と動物の共存へ

麻酔をかけられ不妊手術を待つネコたち=高松市の男木島(「どうぶつ基金」提供) 麻酔をかけられ不妊手術を待つネコたち=高松市の男木島(「どうぶつ基金」提供)

 島民よりもネコの数が多い「猫の島」として知られる高松市の男木(おぎ)島で6月、島にすむネコの不妊手術が一斉に行われた。増えすぎた野良ネコによる農作物被害などに悩む島民らが、ネコの殺処分ゼロを目指す公益財団法人やNPO法人と協力して実施した。島で活動に取り組む男木地区コミュニティ協議会の木場健一会長(68)は「島民もネコも幸せに暮らせる島にするための措置。今のままでは島民の猫嫌いがエスカレートしてしまう」と明かす。瀬戸内海に浮かぶ「ネコの楽園」。島民とネコの“共存作戦”を追った。(前川康二)

ネコ目当ての観光客増も、島民にとっては痛しかゆし

 高松港(高松市)の約10キロ北に位置する男木島。外周5キロにも満たない小さな島に、島民約180人より多い約200匹のネコが暮らす。

 ネコは15年ほど前から徐々に増え始めたという。これに伴い、ふん尿による悪臭や夜間の鳴き声などに加え、腹をすかせたネコが農作物を食い荒らしたり、漁網を食いちぎったりする被害が増加。島の自治会は市の保健所などに相談したが、対応が追いつかず、深刻化する被害に悩まされ続けてきた。

 数年前に動物写真家が男木島を取り上げたことからネコ目当ての観光客が増え、餌を与えるようになったこともネコの増加に拍車をかけているという。

苦悩「魚を網ごと食いちぎる。観光客は喜んでる」…でも猫への優しさ“世界一”

このニュースの写真

  • 「猫の島」ネコ100匹を一斉不妊手術…増えすぎ“猫害”深刻、人と動物の共存へ
  • 「猫の島」ネコ100匹を一斉不妊手術…増えすぎ“猫害”深刻、人と動物の共存へ

「産経WEST」のランキング