産経WEST

「えこひいき」で有望ベンチャーを後押し! 大阪市が〝オキテ破り〟の取り組み「均等な支援では爆発的成長は難しい」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「えこひいき」で有望ベンチャーを後押し! 大阪市が〝オキテ破り〟の取り組み「均等な支援では爆発的成長は難しい」

 メンターには、大阪ガスやオムロン、阪神電鉄など約100社・団体の担当者が協力。年間予算約4千万円は地方創成関連の国の補助金で全額をまかなう。

 ほかの自治体に立地する企業を支援したり、選抜企業を集中支援する行政施策は珍しい。中立性を保つため、えこひいきに映る特定の企業への支援を避けるためだが、市の担当者は「補助金など均等な支援では爆発的な成長は難しいからだ」と明かす。

 人材や資金が集中する関東のベンチャーと渡り合うためには「大阪だけでなく『オール関西』の態勢で臨むことが重要」とも指摘。

 プログラムを通じて成長したベンチャーが後輩起業家を助けたり、大企業とベンチャーが事業協力したりする態勢を充実させ、「関西経済全体の活性化や底上げにつなげたい」と話す。

 ベンチャー側の期待も大きい。イラスト地図とIT技術を組み合わせたアプリ開発を手がける「ATR Creative」(京都府精華町)の高橋真知社長は「投資会社に何社も引き合わせてくれるのはありがたい」。訪問看護分野のシステム開発を進めるベンチャー代表も「より多くの人や大企業に知ってもらうチャンス」と話した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「えこひいき」で有望ベンチャーを後押し! 大阪市が〝オキテ破り〟の取り組み「均等な支援では爆発的成長は難しい」

「産経WEST」のランキング