産経WEST

経営者の妻に懲役30年、従業員ら3人死亡…筑後リサイクル店事件 福岡地裁判決

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


経営者の妻に懲役30年、従業員ら3人死亡…筑後リサイクル店事件 福岡地裁判決

 福岡県筑後市で平成16~18年、リサイクル店従業員ら3人を殺害したなどとして殺人と傷害致死などの罪に問われた経営者夫婦のうち、妻の中尾知佐被告(47)の裁判員裁判で、福岡地裁(平塚浩司裁判長)は24日、懲役30年の判決を言い渡した。求刑は無期懲役だった。

 知佐被告は公判で「夫が怒って勝手に暴行した。指示もしていない」と関与を否定し、無罪を主張。夫伸也被告(49)との共謀の有無が争点となっていた。

 検察側は伸也被告の証言などから「知佐被告が夫らに指示し、継続的な暴行で従業員らを死なせた」と指摘。論告では「夫に責任を押し付けており、反省の情は皆無だ」と批判した。

 一方、弁護側は「被告には暴行する動機がなく、夫の証言は不自然な点があって信用できない」と反論していた。

 起訴状によると、知佐被告は伸也被告と共謀して16年6月に従業員、日高崇さん=当時(22)=を自宅アパートに閉じ込め暴行して殺害。18年10月には従業員だった義弟、冷水一也さん=同(34)=と、その長男大斗ちゃん=同(4)=を暴行して死なせた、としている。

 知佐被告は知人名義のキャッシュカードで現金を引き出した窃盗罪については起訴内容を認めている。

「産経WEST」のランキング