産経WEST

【関西の議論】「頭おかしいんちゃうか、だぼ!」隠しカメラがとらえた〝介護虐待疑惑〟 「陥れられた」事業所側は猛反発

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
「頭おかしいんちゃうか、だぼ!」隠しカメラがとらえた〝介護虐待疑惑〟 「陥れられた」事業所側は猛反発

神戸市と介護事業所の説明の違い。事業所側は行政処分の取り消しを求め、近く提訴する準備を進めている 神戸市と介護事業所の説明の違い。事業所側は行政処分の取り消しを求め、近く提訴する準備を進めている

 「こいつ、頭おかしいんちゃうんか」「だぼ!」-。隠しカメラには、介護ヘルパーによる20回以上の暴言が収録されていた。神戸市は6月2日、訪問介護の利用者の女性(70)への虐待行為があったとして、神戸市長田区の訪問介護事業所を15日から半年間、介護報酬請求の20%減額などの処分にすると発表した。しかし、この発表に事業所側が「虐待は事実誤認」と猛反発。女性の家族が設置した隠しカメラの映像についても「(利用者側に)陥れられた」と反論し、行政と事業所側による異例の〝水掛け論争〟に発展しているのだ。

隠しカメラを1カ月間設置

 〝虐待〟の映像が録画されたのは平成27年9月15日午前だった。その年の夏、訪問介護を受けていた女性から「ヘルパーからきつい言葉を言われる」「たたかれる」などという訴えを聞いた家族が約1カ月間、長田区の女性宅に隠しカメラを設置していた。

 映像は計約95分間で、問題の場面は約4分間。更衣介助のため、女性宅を訪れた事業所の50代の女性介護ヘルパー2人が「うっとうしい」「頭おかしい」「だぼ(=のろま、愚鈍、愚か者などの意味)」などと悪態をつきながら、女性の着替えを介助する様子をとらえている。

 市によると、映像の中では、ヘルパー2人は女性を床からベッドにほうり投げるように乱暴に移動させ、女性の右太ももを2、3度小突くなどし、女性の身体が左右に揺れるほど荒々しく着替えを行っていた。女性にけがはなかった。

ヘルパー2人はベテラン

 同年9月末、女性の家族が映像を市に持ち込み「虐待ではないか」と訴えたことを受け、市は事業所への調査を開始。同年10~11月に管理者とヘルパーら計13人に聞き取り調査を実施した。

続きを読む

「産経WEST」のランキング