産経WEST

【おやじが行く】近江牛1頭丸ごと味わう 珍しい立ち食い焼き肉「多聞」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【おやじが行く】
近江牛1頭丸ごと味わう 珍しい立ち食い焼き肉「多聞」

 「近江牛は昔からブランド牛なのに松阪、神戸に比べて知名度が不当に低いでしょ? 多くの人に近江牛の良さを知ってほしいというのがオーナーの希望なんです」

 ネックは「自分のペースでゆっくりと焼く」楽しみがないこと。5年半前のオープン時には「立ち飲みで焼き肉は商売にならない」と陰口もたたかれたという。

 だが今や常に満席で、回転を上げるために客の方が気を使ってさっさと席を立つという繁盛ぶり。1頭丸ごとの仕入れで、売り切った頃に次を仕入れる-という事情を知る常連らは、人気部位は早々になくなりしばらくメニューから消えることを知っており、「次はいつ?」と聞いてくるという。

 おやじが喜びそうなポイントが満載の店だ。

 文・古野英明

 イラスト・清水浩二

 大阪市都島区東野田町3の2の11。(電)06・6356・5506。メニューはほかにロース(550円)、近江牛コロッケ(200円)など。平日は午後4時~11時、土日・祝日は午後2時~11時。月曜定休。

関連ニュース

【おやじが行く】うどん屋なのにうどん抜き? 吉本芸人に「売れる」ジンクスも 「千とせ」の肉吸い

「産経WEST」のランキング