産経WEST

危険ドラッグ所持の疑い…北九州の歯科医師逮捕

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


危険ドラッグ所持の疑い…北九州の歯科医師逮捕

 九州厚生局麻薬取締部は危険ドラッグを所持、使用したとして、医薬品医療機器法違反の疑いで北九州市小倉北区上到津、歯科医師宮本隆士容疑者(55)を逮捕した。

 逮捕容疑は4月15日、院長を務める歯科医院で、指定薬物を含む危険ドラッグの粉末7袋(計約2・7グラム)を所持するなどしたとしている。

 麻薬取締部によると、宮本容疑者は「昨年春ごろから、1週間に5、6回使用していた」と供述。院長室から、粉末のほか注射器が見つかった。

「産経WEST」のランキング