産経WEST

【大阪市長vs元外務副大臣】「橋下前市長秘書、覚醒剤逮捕」発言に吉村市長「事実ない可能性高い」文書謝罪求める意向

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【大阪市長vs元外務副大臣】
「橋下前市長秘書、覚醒剤逮捕」発言に吉村市長「事実ない可能性高い」文書謝罪求める意向

大阪市の吉村洋文市長 大阪市の吉村洋文市長

 自民党大阪府連会長の中山泰秀衆院議員=大阪4区=が大阪市との国家予算要望説明会で「(橋下徹)前市長の時に秘書が覚醒剤で逮捕されたのか」との趣旨の質問をしたことに関し、吉村洋文市長は16日の定例記者会見で、質問内容が事実ではない可能性が高いとの認識を示した。中山氏が指摘した人物について「現時点の調査では市長秘書ではなかった」と否定した。

 吉村市長は、指摘した人物の氏名などの情報提供を求める文書を中山氏に送付している。会見で吉村市長は、説明会直後に中山氏から市側に口頭で氏名が伝えられていたと明かし、「誤りがあってはいけないので書面で求めた」と改めて回答を待つ意向を示した。

 その上で、「もし事実無根の発言となれば市への侮辱行為に近く、文書で謝罪を求める」と述べた。

「産経WEST」のランキング