産経WEST

【関西の議論】性行為でも感染、ジカ熱予防に「ダチョウ」コンドーム リオ五輪で京都府大グループ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
性行為でも感染、ジカ熱予防に「ダチョウ」コンドーム リオ五輪で京都府大グループ

京都府立大学生命環境科学研究科の塚本康浩教授のグループが飼育するダチョウと卵(塚本康浩教授提供) 京都府立大学生命環境科学研究科の塚本康浩教授のグループが飼育するダチョウと卵(塚本康浩教授提供)

 リオ五輪開幕まで2カ月をきったが、ブラジルでのジカ熱感染の脅威はおさまっていない。ジカ熱は蚊が媒介するウイルス感染症だが、性行為などでも感染することが報告されている。厚労省も流行地域への渡航者には防虫対策だけでなく、コンドーム使用を呼びかけている。京都府立大大学院の塚本康浩教授(動物衛生学)のグループは、ダチョウの卵を使ってジカウイルス抗体を大量精製することに成功。感染予防に役立てたいとしている。(杉山みどり)

ダチョウ卵から抗体の作製に成功 米軍・ブラジル機関と予防法共同開発

 「日本でエボラやMERS(中東呼吸器症候群)のように騒がれないのは、感染しても重篤な症状が出ないからでしょう」と塚本教授。ジカ熱はヤブカ属の蚊によって媒介されるジカウイルスによる感染症で、症状はデング熱に類似するが、それより軽いという。しかし、ギラン・バレー症候群や神経症状を認める症例も報告されており、「妊婦が感染すると胎児が感染し、ブラジルでは小頭症児が増えています」と続ける。

 ブラジルで小頭症児が多発する原因を調べたところ、妊婦がジカウイルスに感染していることが判明。ジカ熱で健康な成人が死に至ることはまれだが、妊娠の可能性がある女性は特に注意が必要だ。

 今回、塚本教授らは、ジカウイルスの一部を抗原としてダチョウに投与。体内で生成された抗体をダチョウが産んだ卵から取り出し精製した。「ダチョウ抗体とジカウイルスが抗原抗体反応を起こし、細胞への感染をブロックします」と説明する。

続きを読む

関連トピックス

「産経WEST」のランキング