産経WEST

野鳥「オオルリ」を違法飼育、容疑で店主逮捕「獲り子」も

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


野鳥「オオルリ」を違法飼育、容疑で店主逮捕「獲り子」も

捕獲が禁止されているオオルリ 捕獲が禁止されているオオルリ

 飼育が認められていない野鳥「オオルリ」1羽を飼育していたとして、兵庫県警生活環境課などは9日、鳥獣保護法違反容疑で、同県尼崎市の小鳥販売店経営の男(70)を逮捕、送検したと発表した。

 同課などは、男にオオルリ(販売価格2500円)を販売したとする同法違反容疑で別の男(81)=同市=も逮捕。この男は野鳥を捕獲して店に売り渡す「獲り子」とみられ、同店にあった買い取り台帳には5~6人の名前があったという。

 小鳥販売店経営の男の逮捕、送検容疑は1日、自宅兼店舗内でオオルリ1羽を飼育したとしている。同課は店の家宅捜索で、オオルリなど13羽を押収した。

このニュースの写真

  • 野鳥「オオルリ」を違法飼育、容疑で店主逮捕「獲り子」も

「産経WEST」のランキング