産経WEST

この夏、大阪城公園に150メートルウオータースライダー! ハウステンボスが開設 7月16日から

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


この夏、大阪城公園に150メートルウオータースライダー! ハウステンボスが開設 7月16日から

大阪城ウォーターパークに設けられる「ジャンピングスライダー」のイメージ(ハウステンボス提供) 大阪城ウォーターパークに設けられる「ジャンピングスライダー」のイメージ(ハウステンボス提供)

 長崎県佐世保市でリゾート施設を運営するハウステンボスは9日、7月16日から大阪城公園(大阪市)に期間限定の大型プール施設を開設すると発表した。大阪観光局で会見した沢田秀雄社長は「夏に涼しく楽しんでもらい、大阪の魅力がさらに高まれば」と話した。

 同社によると、施設は「大阪城ウオーターパーク」で、大阪城公園内の広場に直径約20メートルの円形プールを三つ設置。周辺には長さ約150メートルのウオータースライダー計4レーンや、高さ約10メートルの滑り台から、流れる水の上を滑り降りてジャンプしてプールに飛び込む「ジャンピングスライダー」も開設する。

 期間中は海外のビールなど約40種類を楽しめる「世界のビール祭」や、人工雪で遊べる「スノーパーク」も開催する。8月31日まで。当日券は高校生以上の大人1600円から、3歳~中学生が千円から。

 後援する大阪観光局の溝畑宏理事長は「大阪城は文化財で規制など課題もあるが、今後も観光資源として有効活用していきたい」と話した。

このニュースの写真

  • この夏、大阪城公園に150メートルウオータースライダー! ハウステンボスが開設 7月16日から

「産経WEST」のランキング