産経WEST

延暦寺40歳僧侶が暴力、25歳修行僧の顔殴り鼓膜破る…袈裟破り、別の僧侶の殴打も

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


延暦寺40歳僧侶が暴力、25歳修行僧の顔殴り鼓膜破る…袈裟破り、別の僧侶の殴打も

比叡山延暦寺=大津市 比叡山延暦寺=大津市

 天台宗総本山・比叡山延暦寺(大津市)の施設「延暦寺会館」の副館長を務める男性僧侶(40)が修行僧の男性(25)の顔を殴り、耳の鼓膜が破れるけがをさせていたことが9日、分かった。延暦寺は副館長を5日から謹慎処分にしている。

 9日発売の「週刊文春」が報じた。延暦寺は「宗教界はもとより各方面のみなさま方、多くの信者の方々に謹んで深く深くおわび申し上げます」とするコメントを発表した。

 延暦寺総務部によると、副館長は4月9日、別の僧侶の指示で呼びに来た修行僧に腹を立て、別の場所に連れていって顔を殴った。修行僧は鼓膜が破れる全治2、3週間のけが。当日は法要があり、修行僧は手伝いのため会館を訪れていた。副館長は寺側に「法要の途中だったので腹が立った」などと説明したという。

 副館長はこのほかにも、今年に入ってから僧侶のけさを破ったり、別の僧侶を殴ったりするトラブルを起こしている。

 延暦寺は今回の件を受けて、代表役員らで構成する対策委員会を設置。今後、副館長の処分を検討するとともに、再発防止を図るとしている。

▼「まさか世界遺産の寺までブラック化」料理長349日連続勤務…仁和寺“罰当たり”ネット拡散

「産経WEST」のランキング