産経WEST

「性の多様性に理解を」 同性愛の弁護士がLGBTへの理解訴え講演 大阪・阿倍野区が主催

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「性の多様性に理解を」 同性愛の弁護士がLGBTへの理解訴え講演 大阪・阿倍野区が主催

同性愛者である自身の経験について講演する南和行弁護士=7日午後、大阪市阿倍野区 同性愛者である自身の経験について講演する南和行弁護士=7日午後、大阪市阿倍野区

 男性弁護士と平成23年に結婚式を挙げた大阪弁護士会の南和行弁護士(39)が7日、大阪市阿倍野区で講演し、約?人の区民らに「多様な性を理解して、みんながありのままでいられる社会にするのが大切だ」と性的少数者(LGBT)への理解を訴えた。

 南氏は、パートナーの男性と市内で弁護士事務所を経営。事務所ホームページでも同性愛者であることを明記している。

 講演では異性を好きになれない自分に悩んだ思春期の経験や、家族に打ち明け、理解を得るまでの過程を紹介した上で、「自分は幸せになれたが、性の悩みで自殺に追い込まれる人もいる。多様な性の否定は差別につながる」と訴えた。

 講演は阿倍野区が主催。同区は淀川、都島両区とともに学校現場でのLGBTの悩みや、教員側の対応策を紹介する冊子を発行するなど、支援に力を入れている。

関連ニュース

【関西の議論】ジェンダー・フリーと一緒にするな! 保守政治家・稲田朋美氏が先陣、LGBT支援の真意

「産経WEST」のランキング