産経WEST

萩尾望都「ポーの一族」40年ぶり掲載雑誌、発売直後に完売! 異例の重版決定…ファンの予約殺到

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


萩尾望都「ポーの一族」40年ぶり掲載雑誌、発売直後に完売! 異例の重版決定…ファンの予約殺到

「ポーの一族・春の夢」が掲載された「月刊フラワーズ」7月号 「ポーの一族・春の夢」が掲載された「月刊フラワーズ」7月号

 人気少女漫画家の萩尾望都(もと)さん(67)の代表作「ポーの一族」の40年ぶりの続編が掲載された少女漫画雑誌「月刊フラワーズ」(小学館)7月号が、発売直後に完売し、少女雑誌としては異例の重版が決まった。今月11日から全国の書店に並ぶ予定。

 同誌7月号は先月28日に発行され、続編は「春の夢」。ポーの一族は昭和51年まで漫画誌に連載され、熱狂的な人気を集めた。今回は、発売前から大きな話題になっていた。

 同誌の平均発行部数は約3万3000部。小学館では人気を見越して7月号は通常の約1・5倍にあたる5万部を発行したが、発売当日に完売する書店が相次いだこともあり、重版を決定。約1万5000部を発行するほか、今月9日からはインターネットを通じて電子書籍も配信する。

 大阪市浪速区のジュンク堂書店難波店によると、同店と関連の漫画専門店では、同誌が発売された先月28日に入荷した計20冊が即日完売。同店などには「まだ置いてありますか」といった問い合わせがあり、重版の予約も相次いでいるという。難波店の福嶋聡店長は、「コミックスが低調といわれる中、普段ではみられない売れ行きで非常に驚いている。『ポーの一族』の根強いファンの存在、反響の大きさを実感している」と話した。小学館では「雑誌の重版はとても珍しく、それだけ読者に待たれていたということでは」としている。

「産経WEST」のランキング