産経WEST

中国の海洋進出、海自と米海軍で「抑止力を」 正論大賞のJ・アワー氏が記念講演

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


中国の海洋進出、海自と米海軍で「抑止力を」 正論大賞のJ・アワー氏が記念講演

「日米同盟と激変する東アジア情勢」と題して講演するアワー氏=6日午後、大阪市北区(竹川禎一郎撮影) 「日米同盟と激変する東アジア情勢」と題して講演するアワー氏=6日午後、大阪市北区(竹川禎一郎撮影)

 第31回「正論大賞」(フジサンケイグループ主催)に輝いた米ヴァンダービルト大学名誉教授のジェームス・E・アワー氏の受賞記念大阪講演会が6日、大阪市北区のリーガロイヤルホテルで行われた。アワー氏は、約550人を前に「日米同盟と激変する東アジア情勢」と題して講演。冷戦期に日米が旧ソ連の潜水艦を監視した例を引き合いに「海上自衛隊と米海軍をそれぞれ強化すれば、信頼できる抑止力になる」と述べた。

オバマ氏広島訪問「多くの米国人が心動かされた」

 アワー氏は、オバマ米大統領の広島訪問に関して「演説は適切で、多くの米国人が心を動かされたと思う。世界で核戦争を防ぐためにも、日米同盟が重要だと示した」と語った。

 その上で、海洋進出を強める中国に対し「米国主導の太平洋戦略が必要だ」と強調。九州から台湾を経てベトナムに至る「第一列島線」を海自と米海軍が守る必要性に言及した。

 北朝鮮情勢では「6カ国協議ではなく、日米韓が抑止と封じ込めを図る方が平和の維持につながる」と持論を展開。「日米が同盟国であり続け、民主主義と法の支配という共通の価値観を礎に、すべての海洋諸国が発展することを望む」と語った。

このニュースの写真

  • 中国の海洋進出、海自と米海軍で「抑止力を」 正論大賞のJ・アワー氏が記念講演

関連ニュース

「安保関連法、先を見越した行動が対中抑止力高める」 正論大賞のJ・アワー氏、講演要旨

「産経WEST」のランキング