産経WEST

「業務スーパー」神戸物産関係先を捜索、インサイダー取引容疑で関係者一斉聴取 神戸地検・兵庫県警

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「業務スーパー」神戸物産関係先を捜索、インサイダー取引容疑で関係者一斉聴取 神戸地検・兵庫県警

神戸物産関係者の自宅に家宅捜索に入る捜査員ら=6日午前7時10分、兵庫県稲美町(一部画像処理しています) 神戸物産関係者の自宅に家宅捜索に入る捜査員ら=6日午前7時10分、兵庫県稲美町(一部画像処理しています)

 業務用食品を扱う「業務スーパー」を全国にフランチャイズ展開する東証1部上場の「神戸物産」(兵庫県稲美町)関係者によるインサイダー取引疑惑をめぐり、神戸地検と兵庫県警が金融商品取引法違反容疑で同社関係者や取引先の捜索に着手したことが6日、捜査関係者への取材で分かった。地検と県警は関係者の任意での一斉聴取を進める方針で、立件の可否を判断するため、詰めの捜査を進めるとみられる。

 地検と県警は同社関係者宅や複数府県にある取引先の関係先などを一斉捜索する予定にしており、一部の捜索に着手したとみられる。関係者にも任意聴取に応じるよう求めているもようだ。

自社株買い情報で高値売り抜けか

 関係者によると、神戸物産は平成26年12月と昨年7月、それぞれ上限60万株30億円と、上限100万株100億円の自社株買いを発表。同社関係者は発表前にこの情報を取引先関係者らに伝え、事前に株を買い付けた取引先関係者が高値で売り抜けていた疑いが持たれている。

 株価はいずれも発表の約1カ月前から上昇し、平成26年12月の発表の10日後には5680円に、昨年7月の発表翌日には1万3870円にそれぞれ急騰。発表日の最高値から1860円増と2520円増を記録した。こうした株価の変動に不審な点があるとして、証券取引等監視委員会が昨年11月、神戸物産本社などを強制調査していた。

 神戸物産経営企画部門は産経新聞の取材に、「企業規模を拡大していく上で現在の株価が割安だという認識があり、自社株買いを実施した。不自然な株価の変動があったとは考えていない」と説明。同社社長は今年2月、「インサイダー取引疑惑が出ていることは認識しており、捜査当局の事情聴取にも応じているが、そのような事実はない」と話していた。

このニュースの写真

  • 「業務スーパー」神戸物産関係先を捜索、インサイダー取引容疑で関係者一斉聴取 神戸地検・兵庫県警

「産経WEST」のランキング