産経WEST

“奇跡のニワトリ”意外な人気 「生き餌」のはずが3度も生き延び…「会えたら幸せになれる」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


“奇跡のニワトリ”意外な人気 「生き餌」のはずが3度も生き延び…「会えたら幸せになれる」

子供たちに人気のニワトリ「まさひろ君」=大阪市天王寺区、天王寺動物園(彦野公太朗撮影) 子供たちに人気のニワトリ「まさひろ君」=大阪市天王寺区、天王寺動物園(彦野公太朗撮影)

 大阪市天王寺区の天王寺動物園に、数奇な運命をたどった「奇跡の動物」がいる。ニワトリの「まさひろ君」。もともと園内の肉食動物に食べられる運命から生き延びた強運の持ち主で、まさひろ君目当てに“出待ち”の来園者が現れるほどの人気ぶり。「会えたら幸せになれる」と話題を呼んでいる。(吉国在)

 まさひろ君は11カ月のオス。現在、鳥類を飼育する「鳥の楽園」で飼われている。夕方ごろ、園内を散歩するのが日課。飼育員の背中を追ってチョコチョコと歩き回る愛らしい姿に、来園した子供たちが競って抱っこするなど、来園者の人気者になっている。

 しかし、もともとはタヌキやアライグマに餌として与えられるヒヨコとして、昨年7月に業者から入荷された「生き餌」だった。

 たまたま同じ時期に人工孵化(ふか)したマガモのひながいたのが「幸運」の始まりだったという。

このニュースの写真

  • “奇跡のニワトリ”意外な人気 「生き餌」のはずが3度も生き延び…「会えたら幸せになれる」

「産経WEST」のランキング