産経WEST

【伊勢志摩サミット】京の高級茶「玉碾」がワーキングランチに

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【伊勢志摩サミット】
京の高級茶「玉碾」がワーキングランチに

「玉碾」が主要国首脳会議のワーキングランチで採用され、喜びの小林裕さん=京田辺市 「玉碾」が主要国首脳会議のワーキングランチで採用され、喜びの小林裕さん=京田辺市

 主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)で、京都府京田辺市特産の玉露と碾茶をブレンドした高級茶「玉碾(ぎょくてん)」がワーキングランチで提供され、各国のトップが京田辺産のお茶を味わった。

 「玉碾」は、「祥玉園製茶」(同市草内)社長で、日本茶鑑定士十段位を持つ小林裕さん(41)が手掛けたオリジナル緑茶。サミットでは26日のワーキングランチで食後の和菓子とともに「茶師十段小林さん精選『玉碾』」として出された。

 小林さんは「もともと海外の方に発信したいとの思いで作った茶。国に認められ、外国のトップの方に飲んでいただけたことは非常に光栄です」と喜びの表情で話していた。

「産経WEST」のランキング